FON Japan, La Fonera to sell online JPY 0 yen, starting Dec 5, 5 Days campaign

Update: It seems you’d need to register for La Fonera and log in at http://fon.com and follow the “Japanese (日本語)” link to access that content.

fonjpshop zero yen campain five days dec 5

FON Japan has is openning up its online shop and starteding “zero” yen campaign of La Fonera (http://jp.fon.com) starting Today from Dec 5 until Dec 9. (It is actually more than five days?) It is real 0 yen, except for delivery cost. Anyway, conglatulations! here is fon community I host inside mixi ミクシィのFONコミュ.
Technorati technorati tags: , , , , , , ,

More on FON la fonera launch party.

Broadcast as video

If “broadcast as video” is the new direction the ad agency-TV industry will pursue as Jeff Jarvis notes in the comment section of a vc’s post “Umair, Jarvis, Disney, and Me“, Gyao.jp of Japan is probably more or less in the same spirits yet coming from another direction. Originally sprang from USEN (wikipedia in Japanese), one of Japan’s media contents players but obviously not in the TV networks industry, gyao.jp proclaims that it now has registered viewers of more than 8 million (the size equivalent of 80% of Japan’s largest Yomiuri newspaper subscription). The program is offered all free of charge.

Not sure if they have originally come up with the video with non-skippable ad format, which is reportedly the method Disney will deploy the next month, or stolen it from somewhere else. Yesterday, I first tried Gyao.jp and found the program quite impressive. Especially “Kume Hiroshi’s car touch,” the car review program by Japan’s long-time TV journalist, Hiroshi Kume (wikipedia only in Japanese), who acknowledged in the campain video that he likes more freedom in editting than he can with traditional network TV.

CAUTION: If you’d try out gyao.jp, make sure you use IE, but not Firefox, with which I had the problem. Not sure if it works fine with MAC.

It’s interesting to note, on the other hand, Yahoo Japan (strongly backed up by Softbank) was leading the internet video streaming free of charge still in the old format (contents only ). Worth keeping an eye on them.

ビ デオとしての放送、米国でディズニーが無料放送をインターネット配信するというニュースが流れた後、いろいろが議論が起こっている。そのなかでおもしろ かったのは、おなじみのJeff Jarvis、米国の広告代理店の動きとしては、「ビデオも放送である」という捕らえ方を模索しているらしい、そこに広告収入を求めていこうという動きが ある。日本でいえば、民放とはかなり毛色が違うが、gyaoが同じフォーマットでインターネットTV放送を開始していて、すでに800万人の登録会員がい るという。久米宏のカーウォッチという番組がおもしろそうだった。今後が楽しみな分野である。

“Original” Quiet Storm – WHUR 96.3Mhz (in jp)

WBLSのOnlineが工事中のようでここ数日聴けません。それでも何か聴きたいなと思いWHUR 96.3MhzのQuiet Stormをきいています。やや選曲が違うみたいです。実はQuiet Stormというラジオフォーマットを最初に流したのが、この、WHURで、当時ハワード大学の学生 (WHURのインターン)だったMelvin LindseyというDJだったようです。

そのせいか、番組中はには、たまに”ORIGINAL!”とナレーションがはいり、 Quiet Stormの「元祖」ということをしきりにアピールしています。

一 方、今年35周年を向かえたWBLS 107.5FMの人気DJのChampaineは、「QuietStormというフォーマットを世の中に確立のはWBLSおよび故 Frankie Crocker (彼女からすれば元ボス)である」というようなことを先日しきりにアピールしていました。

まぁまぁ、それはさておき、たまには趣の違ったQuiet Stormも悪くないです。

いまだにWHUR(DC)あるいはWBLS(NY)いずれも、FMラジオで聞いてる人がほとんどで、オンラインのstreamingという市場は小さいので しょうね。オンラインでは州の境はおろか実は国境を越えた競合にさらせれるわけで、また、一方では、pandoralast.fmのように、生身のDJ を排除、聴者各人の好みの音楽を自動再生する機能や、コミュニティ形成という別の競争軸も入れてくるわけだし、厳しいですね。でもWHUR、WBLS、共 にがんばってほしいです。

Update: けっこうJeff BrownのQuiet Storm (WHUR, Washington DC)にも、はまってきました。つまるところ、いくつかの曲を紹介する時の、DJのナレーションとBGMとのビミョーな混じり具合、そのときの静けさみたいなのが自分は好きなんだなぁと実感してます。さすがに元祖というだけあっていいですね(ラーメンじゃないけど)。もちろん、Vaughn Harper のQuiet Stormもはやくききたいです。Champaineも。 

technorati tags:       

last.fm

さきほど、joi.itoで 発見。インターネットのラジオみたいのでしょうか?さっそく登録して試しておりますが、iTUNESでかけてる曲が次々と自分のページに追加される状況で す。 いったい、いつになったら無料で曲が聴けるのかは、まだこれからです。。英語なのですが、英語の練習も兼ねて、みなさんもよかったらどうぞ

あっ、それから、ぼくのidはページはこちら。また、ミクシィのコミュ とかコミュにも先ほど入りました。

開 示 (disclosure): ちなみに、ぼくはlast.fmとの利害関係は一切ございません。(←最近は、ブロガーの開示が大事みたいですよ。。) I have no interests of conflict whatsoever with last.fmって感じでしょうか。。

technorati tags: