Category: venture

venture

listening to calacaniscast on my way to office

I find it quite informative, especially VC world is quite foreign to me. Jason Calacanis interviews Ron Conway, who is the angel invester of google among others. Interestingly, Ron notes the current situation is not bubble because 90% 75% of

Posted in jason+calacanis, on the go, on+the+go, ron+conway, venture

FONの風景 (The Scene of FON)

いまひとつ見えなかったFONの風景ですが、本日の発表会(? 記者会見)の録音を聞いて、なんとなくですが、イメージがみえてきました。伊藤穣一さんと多分お隣の女性が通訳&解説をされています。こちらは、Gohsuke Takama さんよりMIXIのコミュでご提供いただいた写真(↓)と発表会記者会見の録音です。 関連記事 IT media news and CNET JAPAN finally today (4/26/2006) After listening to the audio of today’s press conference, now I have a better understanding of how FON will be used and utilized in Japan (Audio

Posted in 伊藤+穣一, ミクシィ, ネットベンチャー, デジガレ, フォン, blog, consumer technology, docomo, FON, Gohsuke+Takama, google, Japan, joi+ito, martin+varsavsky, mixi, mobile, on the go, skype, softbank, Tokyo, venture, wifi, wireless, yahoo

日本のネットベンチャー(in Japanese)

ぼくは最初からホリエモンは駄目だったんで すが、どうも色々、見たり聞いたりして思うのですが、なんか日本のネットベンチャーって、”根性だけ”と思うことが多いです。(『世界一の会社』というス ローガン自体が総花的、エッジがない。楠木先生の言葉を借りれば、漠然とした肯定的形容詞を使うな、ということでしょう。) 米のYahooにしても、Googleにしてもそれぞれの戦略がはっきり、しっかりしてる、それに基づいて業績も向上している。あるいは、Technoratiにしても、Yahooに買収されたdel.icio.usにしてもflickrに しても使ってみればわかりますが、とてもよくできてますし、理念とか思想がはっきりしていてエッジがある。それに比べると日本のネットベンチャーって、 「夜遅くまで働け」とか、「人より早く歩け」とか、「低賃金」とか、そんなことで持っている企業が多いような気がしますが、気のせいかな? 態度が生意気になったとか、礼儀を忘れたとか、そんなことよりも、高度成長を遂げた以前の日本と思考パターンが同じなんじゃないかということを、むしろ、危惧する。昨日たまたま、テレビの報道番組の中でライブドアのことを”Disruptive Technology“と称しているどこかの評論家がいたが、、、「は?どこが?」ぼくは最初にライブドアのトップページを見たときにヤフーのパクリにしか見えなかったけど。 「お前がアメリカかぶれなんだよ!」って言われればそれまでなんですけどね。 technorati tags ライブドア ホリエモン ネットベンチャー google yahoo technorati del.icio.us flickr clayton christensen クリステンセン イノベーターのジレンマ Innovator’s Dilemma disruptive technology

Posted in ネットベンチャー, innovation, Japan, Tokyo, venture

FON (フォン?)

先日、BuzzMachineで紹介されていたPanelに、あるスペイン・アルゼンチンの起業家 Martin Varsavskyという人が参加していた。そこでの発言がおもしろかったので、調べてみると、FONという無線電話サービスをやっている人でそのアドバイザリー・ボードには伊藤穣一さんも入っていた。そうこうしているうちに、joi.itoでもその話題が。どうもGoogle, Skype, その他のベンチャーキャピタルが資本参加したという。日本ではまだサービス開始していないそうですが、楽しみですね。既存電話会社 vs.インターネット企業という構図も面白いです。 今年の秋にはナンバーポータビリティとやらで携帯電話の市場も活性化するらしいし。もしかして、無料で携帯がかけられるようになるでしょうか?一応、FONに会員登録だけはしておきました。そのうち何かお知らせがくるかも?。。 こちらに詳しい解説を見つけました。 ミクシィのなかにFONというコミュをつくってみました。現在8人です、よかったらどうぞ :) Update:昨日付けのWSJでFONのアドバイザーになったブロガーへの批判記事が。さっそくその一人であるブロガーが反論 取り急ぎ(←まだ読んでません)Varsavskyが自らのブログでコメント。しかるべき開示は行っていると。さらに、今回の発表がWSJという既存メディア発ではなく、Varsavskyのブログ発だったということへのこだわりの説明も。一枚上手という感じですね。 technorati tagsfon martin varsavsky wifi napster of Wifi joi ito ナンバーポータビリティ ロイターの記事 (英文)

Posted in ミクシィ, ネットベンチャー, consumer technology, FON, innovation, mixi, social networking, Varsavsky, venture